酸化ストレス検査

フェイスダイエット(顔やせ/小顔)

リンパ循環作用

脂肪分解作用

肌のひきしめ作用 により・・・

矢印
肌の たるみ改善・ひきしめ効果

施術方法

27Gカニュラーを用いて皮下脂肪層にBNLS溶液を注入

治療部位

1・額(前額部):脂肪過多、脂肪注入後の修正
2・上まぶた(上眼瞼)の脂肪
3・鼻の脂肪:鼻の輪郭をシャープにする
4・小鼻(鼻翼部)
5・こめかみ
6・頬骨部
7・頬(法令線のあたり)
8・下頬部
9・側頬部
10・唾液腺肥大
11・顎下部(オトガイ下部)

料金

通常 15,000円(税別) ▶︎ 初回キャンペーン価格 4,980円(税別)

ご予約の方はこちら>>

予約

ご相談・お問合せの方はこちら>>

お問い合わせ

作用機序

フォスファチジルコリンおよび他の脂肪分溶解液との違い

浮腫を生じない

通常、フォスファチジルコリンや他の脂肪分解液では注入部位に浮腫が2〜4日間持続したり、熱感が生じたりします。
BNLSでは浮腫や熱感は伴いません。

迅速な効果

他の脂肪分溶解液では脂肪量の変化を確認するのに最低でも2〜3週間を要します。
BNLSではわすか2〜3日で脂肪量の変化を確認することができます。

治療間隔の短縮

他の脂肪溶解分液での治療間隔は通常、2〜3週間を要します。
BNLSの治療は1週間の間隔で行うことができます。

Before&After

ここでは治療前後にとった写真をご紹介します。 ※効果の程度には個人差があります。

※1回の施術でも効果は期待できますが、より確実な効果を得るためには3回程度の施術を推奨致します。
※施術の間隔は最低でも1週間は空けて下さい。

Case1

治療前
リポスカルプティング注射 治療の流れ次へ 治療後

Case2

治療前
リポスカルプティング注射 治療の流れ次へ 治療後

Case3

治療前
リポスカルプティング注射 治療の流れ次へ 治療後

Case4

治療前
リポスカルプティング注射 治療の流れ次へ 治療後

Case5

治療前
リポスカルプティング注射 治療の流れ次へ 治療後

Case6

治療前
リポスカルプティング注射 治療の流れ次へ 治療後

Case7

治療前
リポスカルプティング注射 治療の流れ次へ 治療後

Case8

治療前
リポスカルプティング注射 治療の流れ次へ 治療後

Case9

治療前
リポスカルプティング注射 治療の流れ次へ 治療後

Case10

治療前
リポスカルプティング注射 治療の流れ次へ 治療後

Case11

治療前
リポスカルプティング注射 治療の流れ次へ 治療後

Case12

治療前
リポスカルプティング注射 治療の流れ次へ 治療後

Case13

治療前
リポスカルプティング注射 治療の流れ次へ 治療後