このような方におすすめ

右の図が脂肪溶解注射によって効果が期待できる部位です。

脂肪溶解注射

下腹の贅肉が気になる

二の腕を細くしたい

お尻がたるんできた

バストを保ちながら引き締めたい

リバウンドしやすい

運動が苦手

セルライトをなくしたい

顔、あごのたるみをなくしたい

料金

ご予約の方はこちら>>

予約

ご相談・お問合せの方はこちら>>

お問い合わせ

脂肪溶解注射とは

たるんだ二の腕、ぽっこりした下腹、そして脂肪のついて太くなったヒップや太ももなど、なかなか贅肉の落ちない部分を、つらいダイエットや運動なしで細くしたい…。
そんな願いをすぐに叶えるのが「脂肪溶解注射」です。
切らずに、安全に部分痩せが可能になります。気になる部分をピンポイントでサイズダウンできます。

注射するだけで、ラクに脂肪を撃退

脂肪溶解注射の主成分は、もともと脂肪肝や高脂血症の治療に使われていた薬剤です。主に大豆から抽出される成分で、脂質の代謝を高め、血管壁に付着したコレステロールを溶かし出す作用があります。

この脂肪を溶かし排出する力を美容のために利用したのが、脂肪溶解注射です。皮下脂肪に直接注射することで、薬液の浸透した部分の脂肪細胞が破壊され溶解します。溶け出した脂肪は血管やリンパ管を通り、そのまま汗や尿などと一緒に体外に排出されます。

リバウンドなし

成人の持っている脂肪細胞の数は変動しないので、一度除去された脂肪が再生することはありません。脂肪が増えた・減ったというのは、細胞の数が増えたり減ったりするのではなく、細胞の大きさが大きくなったり小さくなったりしているのです。この脂肪溶解注射で脂肪細胞そのものを減らしてしまえば、通常のダイエットではなかなか落ちにくい二の腕、下腹、膝周りなどの脂肪も落とします。

部分痩せ・ボディデザインも

注入する部位の脂肪だけに作用するので、バストはそのままで背中や脇腹の脂肪だけを取るといった、ボディデザインも可能です。副作用が無く、注射で注入するだけで確実に脂肪を溶かし出すので、まとまったお休みが取れない方にもお薦めできる施術です。

治療の流れ

同じ部位への脂肪溶解注射は、2週間空けて行います。
下腹部だけに注射を受けたい場合は二週間ごとにご来院いただきます。
下腹部と二の腕の二箇所なら、1週目・下腹部 2週目・二の腕 3週目・下腹部
などスケジュールを立てることで、週1回のご来院で無駄なく複数の部位の脂肪除去を行うことができます。

注射だけで脂肪が無くなるのですか?
はい、無くなります。脂肪溶解注射は脂肪を溶かしだし、一度排出された脂肪が元に戻ることはありません。
効果はすぐ分かりますか?
脂肪溶解注射は、ゆっくりと効果が現れます。個人差がありますが、2週間おきに3~6回の注射を受けて頂く事が必要です。また、注射後に超音波やマッサージを行うと、効果的です。
脂肪溶解注射の痛みはありますか?
クリームタイプの麻酔を使用し、ごく細い針で注入するのでほとんど痛みはありません。注入は10分ほどで終了するので、注射が苦手な方でも大丈夫です。
ダウンタイムはありますか?
注入後は内出血や赤み、腫れが出る場合がありますが、1週間ほどで消失します。数日間は筋肉痛のような痛みがある場合もありますが、日常生活に支障はありません。
脂肪溶解注射は誰でも受けられますか?
妊娠・授乳中の方、糖尿病、心疾患、腎疾患、高血圧、甲状腺機能亢進症の方やアレルギーのある方は受けられません。体質に不安のある方は診察時にご相談ください。
脂肪溶解注射する薬は安全ですか?
主成分であるホスファチジルコリンは、医療現場でも使われてきた成分です。現在まで重篤な副作用の報告などはございませんので、ご安心下さい。