リデンシティーとは

ヒアルロン酸注入とは

年齢を重ねるにつれて、お肌のコラーゲンや含有水分量が減少します。コラーゲンや含有水分量が減る結果、肌細胞の密度も減少します。そのためお肌のハリがなくなり、シワ・たるみなどが徐々に目立つようになってきます。

リデンシティはお肌にアミノ酸・ミネラル・ビタミン・抗酸化物質などの有効成分を注入することにより、肌細胞の密度が増加し、肌細胞が再構築されます。

徐々にコラーゲンや含有水分量が増え、気になっていたお肌の張り・シワ・たるみなどが改善してきます。保湿力のあるみずみずしい肌を取り戻すのに最適な治療です。

 

ダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウンダウン

料金

ご予約の方はこちら>>

予約

ご相談・お問合せの方はこちら>>

お問い合わせ

お客様の声

ドクター小池のリデンシティー注入

超高級美容液を直接肌内部に届けます
化粧品などでもおなじみのヒアルロン酸は、お肌の内部に元々あるもので、主に保湿の役割があります。だんだん減ってゆくヒアルロン酸は、コスメのように外から塗っても皮膚には吸収されません。リデンシティーは注入することで、ダイレクトに肌内部へヒアルロン酸を届けます。
肌をよみがえらせる成分
リデンシティの成分はヒアルロン酸だけではありません。各種アミノ酸・抗酸化物質・ミネラル・ビタミンなど有効成分の作用で、肌細胞の密度が増加し、肌細胞が再構築されます。徐々にコラーゲンや含有水分量が増え、お肌の張り・シワ・たるみなどが改善します。
翌日からプルプルお肌実感
リデンシティは直接注入するので、施術した翌日からお肌の質感が変わり、プルプルみずみずしい肌になるのが実感できます。

このような方におすすめ

保湿力がなくなった

くすみを解消したい

乾燥肌を解消したい

肌のハリを取り戻したい

肌を若返らせたい

目の下の小じわを解消したい

肌表面をなめらかにしたい

施術例

プラセンタ酸注入

プラセンタ酸注入 プラセンタ酸注入 治療の流れ次へ プラセンタ酸注入

使用するヒアルロン酸について

メーカー:TEOXANE (製造国スイス)
承認:CE承認
ヒアルロン酸濃度:
ファーストライン…20mg/ml
グローバルアクション…25mg/ml
ディープライン…25mg/ml

粒子のない硬めの高密度単一形状ヒアルロン酸注入剤です。様々なタイプがあり、シワの種類に合わせた効果的な治療が可能です。美容医療品のコンテスト(Aesthtic Medicine Awards 2008)で最多得票を獲得した、評価の高い注入剤です。

リデンシティーは一般的にボリューム形成として使用される硬いタイプのヒアルロン酸とは異なり、非常に柔らかいタイプのヒアルロン酸です。成分はヒアルロン酸を始めとした、8種類のアミノ酸、2種類のミネラル、3種類の抗酸化成分、ビタミンなどが配合され、これら成分により肌内の水分量やコラーゲン産生が活性化され、皮膚の再構築を促します。皮膚の浅層に細かく注入することで、小じわやくすみ、ハリ不足を解消し、肌の中から自然な若返りをもたらします。定期的な治療を重ねることで、より高い効果を発揮します。

 

テオシアル ファーストライン
目尻や上唇線など敏感な部位の細かいシワや浅いシワの改善に適しています。適応:目尻や頬周辺の細かいシワ、浅いシワ注入部位:表皮。

テオシアル グローバルアクション
中等度のすべてのシワ改善に有効です。追加治療にも適しています。適応:口周囲のシワ、眉間のシワ、法令線注入部位:真皮中央。

テオシアル ディープライン
高粘度で法令線など深いシワの改善に有効です。適応:法令線、唇の縦の深いシワ、中等度の皮膚のくぼみ注入部位:真皮深層。

 

痛いのが苦手です。注射の痛みはどれくらいですか?
注射の痛みは、針を刺した時とヒアルロン酸を注入する時にあります。通常はどちらも我慢できる程度です。また、針は30Gという髪の毛と同じくらいの細い針を使用いたします。ご不安な方には、塗る麻酔剤や麻酔入りのヒアルロン酸もご用意しております。
傷はできますか?
できません。当日小さな針あと程度の赤みはでますが、当日中(長くても2,3日中)でほぼわからなくなります。
仕事はいつからできますか?
職種をとわず、当日から可能です。
シャワー、入浴はいつからできますか?
シャワーも、入浴も、当日より可能です。
マッサージをする必要はありますか?
必要ありません。
男性でも効果があるのでしょうか?
当院には男性の患者様も数多くご来院いただいております。ヒアルロン酸注射は、その場ですぐ効果が実感でき、施術時間も短いので大変人気があり、男性にも非常に効果のある施術です。
リスクを教えてください。
ヒアルロン酸注射のリスクは、針を挿入した部分に内出血が出る可能性があることです。しかし、その場合も10日間ほどで治まり、その間はお化粧で隠せる範囲のものですので、ご安心下さい。

ドクターインタビュー

━━━ヒアルロン酸注入は人気がありますか?

ドクター小池「そうですね、今まではいわゆる『プチ整形』のジャンルで捉えられていましたが、切らずに簡単に、しかも確実にピンポイントのお悩みを解消できる治療ですから、みなさん本当に、メイク感覚で施術されていますね。定期的にいらっしゃる方が多いです」

 

━━━施術にあたって気をつけていることは?

ドクター小池「症例数で言えば数千人の方にヒアルロン酸注入をしてきましたが、やはり注入ポイントと注入量で結果が変わってきます。多すぎても、少なすぎてもダメですね。ベストの量をベストの位置にきれいに注入する。これにつきますね。後は痛みのない注入方法。これは微妙な手の動きです。ヒアルロン酸注入はどんなドクターもできるお気軽治療、という訳ではないです。」

 

━━━どの種類を選べばいいでしょうか?

ドクター小池「ヒアルロン酸は注入する部位によって粒子・粘度が違うものを使い分けます。大まかには皮膚が薄いところには柔らかめのヒアルロン酸、逆に厚いところには硬めのヒアルロン酸を注入するのがよいでしょう。あとは麻酔入りのヒアルロン酸と、麻酔入りではなく100%ピュアのヒアルロン酸を選ぶことができます。これは診察時に相談して決めます。」

 

━━━どのような方に施術を受けていただきたいですか?

ドクター小池「初めてヒアルロン酸注入をされた方は、みなさん同じ事をおっしゃいます。1つは『こんなに簡単にできるんだ』ということと、もう1つ、『だったらもっと早くやればよかった』ですね。ドクター小池クリニックは初めての方でもお試ししやすい価格ですし、まずカウンセラーに相談してみるのもよいのではないかと思います。」