ドクター小池クリニックとは?

院長 小池 佳嗣

 
小池ってどんな人?

 

はじめての方はこちら クリニックの写真

 

メディア掲載 お悩みの声 お客様の声

ドクター小池クリニックが選ばれる5つの理由

どうしてその治療がわたしによいか、理由がわかった。
すべて、小池や友人、家族が日頃うけている治療だ。
ドクターやスタッフが、サービスを強要しない。
治療の不安・いたみをやわらげる取り組みをしている。
なにより、ドクター小池が若くみえて、自然だ。

ドクター小池クリニック 3つのコンセプト 8つの質問

 

1. ドクター小池クリニックが、なぜ必要か?

2. 施術へのこだわりとは?

 

 

3. 美容クリニックにかよう上で、たいせつな事は?

4. 患者様と信頼関係を築くこととは?

5. 患者様と接する上で大切なことは?

6. ドクター小池が、今後目指していることは?

 

 

7. ヒアルロン酸注入へのこだわりとは?

8. ドクター小池クリニックでおこなわれているヒアルロン酸とは?

 

1. ドクター小池クリニックが、なぜ必要か?

幼いころから手先が器用で、細かい作業が得意でした。

 

多くの人がそうだと思うのですが、人からほめられると、
「もっと頑張りたい」「その道に進みたい」と自然と思いますよね。

 

私が美容医療に進んだのも、そんな理由からでした。

 

開業前にいた美容クリニックでは、そこ独自の方針があり、

いち従業員としてはその方針に従わなければならないんです。

 

効率を重視するクリニックもあれば、

料金の高い治療を 勧めることを重視するクリニックもある。

 

しかし、『患者様にとって最良な治療』を目指したかった私は、

正直に最良の治療を勧められない。

本当のことを話せないという環境にストレスを感じてしまったんです。

 

だからこそ、

自分の想いを貫くことができる美容クリニックを立ち上げようと考え、

【ドクター小池クリニック】を開業しました。

2. 施術へのこだわりとは?

一般的に美しいといわれる黄金比率というものもありますが、

私はその人が『過去一番良かったと思っている顔』に仕上げる

ことを何よりも大切にしています。

 

大がかりな施術を行うのではなく、例えばヒアルロン酸を注入し、

ほうれい線を消すことで5才前の自分になることが出来る。

 

ほんの少し手を加えてあげることで、自分に自信が持てるようになるんです。

 

また、患者様も施術前と後で顔立ちが全く変わってしまう

というようなことがないので、施術後も安心することが出来る。

 

こうした施術を行うことで、もっと多くの患者様をきれいにしていきたいと考えています。

3. 美容クリニックにかよう上で、たいせつな事は?

実際に美容クリニックに足を運んだ際に、

医師、スタッフ、 施設内の醸し出す空気が自分に合うか判断し、

しっかりとした信頼関係を築くことですね。

 

残念なことに自分で判断できず、

クリニックに薦められるまま

すべてを受け入れてしまう患者様も多いんです。

 

もちろんクリニックの努力も必要ですが、

その一方で 患者様の努力も必要だと私は考えています。

 

まずは、自分の価値を知ること。 そして知識をある程度身につけること。

 

そうでないと、何が自分にとってよい治療なのか、

よいクリニックなのか判断がつかないはずです。

 

極端な話になってしまいますが、例えテクニックに 不足があったとしても、

一度信頼した医師であれば 許せるというのが人の心情です。

 

信頼関係を築けるかどうかが、何よりも大切だと思いますよ。

4. 患者様と信頼関係を築くこととは?

まずは、美容クリニックをもっと身近に 感じてもらう必要があると思っています。

 

そのためには、治療以外のことも治療と 同じくらい重要だと考えています。

 

今、女性スタッフによる『洗顔クレンジングセミナー』と題した

美肌セミナーを予定しているのですが、

美容やスキンケアといったキーワードは女性にとって身近なことですよね。

 

それらの日常的なキーワードから美容クリニックを 結びつけ、

身近で気軽なものとして認知してもらう ことを第一歩にしたいなと。

 

お肌の基礎知識を伝え、知ってもらうことから、

クリニックと患者様の距離を縮めていきたいと思っています。

5. ドクター小池が、今後目指していることとは?

私は患者様をよく理解しなければ、 最良の施術はできないと考えています。

 

ですから、シワの相談一つにしても、

「そのシワは最近できたものではないですよね?」

「なぜ今のタイミングで気になったのですか?」

「どのようなときにシワが気になりますか?」

「なぜ美容整形を受けようと思われたのですか?」

と患者様の考えを深堀りするカウンセリングを行うんです。

 

その上で、これから行う治療が患者様にとってどのような必要性があるのか、

なぜその治療でなければならないのかをしっかりと説明するようにしています。

 

そうすることで、ご本人も自分自身を理解することができるんです。

 

自分の気持ちを理解することから、美容医療は始まりますからね。

6. ドクター小池が、今後目指していることは?

患者様の気持ちを理解した上で施術を行い、

患者様とクリニックの間に強い絆を作っていくことです。

 

半年毎に、「ここまで実現できた」と話せるようになっていることが一つの目標。

 

5年後も10年後も、この『コイケイズム』の本質は曲げずに、持ち続けていたいんです。

 

そして、患者様に 「小池に会いたい、小池の治療を受けたい」と

言っていただけるようになることが大切だと思っています。

 

スタッフもそう。

 

誰がやってもまわるクリニックではなく、 私とスタッフがいるからこそ成り立つ、

そんな【ドクター小池クリニック】にしていきたいですね。

7. ヒアルロン酸注入へのこだわりとは?

ヒアルロン酸注入の技術に共通しているのは、

手先の器用さはさることながら、最大の効果を出すために、

深さ・角度・注入の量などのボーダーラインを見極めることが大切であることです。

 

実際の年齢より見た目が若いから経験が浅いと 見られがちなのですが、

私は当初からその『見極め』にこだわりを持っています。

 

実際、患者様にも「小池先生ならキレイにしてもらえる」と言っていただいています。

 

実父、実母をはじめ近親者に協力してもらい、

ギリギリのラインを見極める多くの経験を積んできました。

 

また、当時勤めていたクリニックの上司に打ち方が

繊細だと褒められたことも、自信につながりましたね。

 

患者様は医師に対して施術技術を求めるだけでなく、

同時に安心感も求めているはずです。

 

技術を持っている先生ほど、自分の技術に過信することなく、

常に慎重さを兼ね備えています。

 

私は常に、「自信と安心感は針先に宿る」という心づもりでいます。

8. ドクター小池クリニックで行われているヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は高品質で打ち心地の良いものを私自身が吟味して選び、

やわらかい、中くらい、かたい、顔全体用、目元用と5種類を使用しています。

 

例えば、 鼻を高くしたり、アゴを出したりするためにはかたいもの、

顔全体の場合はサラサラしたものなど打つ部位により ヒアルロン酸を使い分けることで、

患者様の一番よかったと 思っている顔にしてあげたいと考えています。

 

また、「10万円でキレイにしてほしい」という要望であれば、

その範囲内でどんな治療を行うことが患者様にとって最良で あるかを考え、

オーダーメイドの施術もご提供するようにしています。

 

院内紹介

院内のご紹介です。写真の上でクリックすると大きな画像がご覧いただけます。

エントランス
エントランス① エントランス② エントランス③
エントランス④ エントランス⑤
受付・待合室
待合室③  待合室②
特別待合室・廊下
特別待合室② 廊下 廊下
診察風景
shinsatsu-image  
処置室
処置室① 処置室② 廊下
トイレ・メイクルーム
トイレ① トイレ② メイクルーム