たるみで印象が10歳違う!リフトアップ治療で若顔キープ

「お顔のたるみ」は老け顔の最大の理由です。たるみは少しずつ進行します。まずはたるみチェックを。

お顔のたるみは年齢と共に少しずつ進行します。お顔は毎日見ているので気づきにくいですが、何年か前の写真を見たりすると、たるみが進んでいることに気付づきます。

簡単たるみチェック

手鏡を持ってまっすぐ見ます。そしてそのまま手鏡を上に、顔も合わせて上を向きます。上を向いている時のお顔が、たるんでいない顔です。正面を向いているときよりも、かなり若く見えませんか?

たるみ治療とは、このたるんでいない状態に近づける治療です。正面を向いているときと、上を向いているときを比べて違いが大きい部位、それがあなたの「たるみ治療ポイント」です。

お顔のたるみとは

あなたのお顔をたるませる原因、それは4つの老化現象です。

真皮から皮膚を支えているコラーゲン、エラスチンの老化

表情筋や首の筋肉の老化

お顔の脂肪の老化と脂肪組織の減少

ターンオーバの乱れによる乾燥

この4つから原因を見極め、それに見合った施術を行うことで、たるみを解消し、若々しい印象を作ることができます。

たるみの主な原因

弾力低下によるたるみ

加齢や紫外線などで肌のターンオーバー(新陳代謝)が乱れて、肌のバリア機能が低下することから乾燥がさらに進み、大切な肌のハリが失われていきます。特に、紫外線によって破壊されたコラーゲンやエラスチンの減少から弾力を失くした肌は、しわやたるみと言った肌老化を引き起こしてしまうのです。

皮下脂肪増加によるたるみ

皮下脂肪はエネルギーを貯めたり、保温や防御作用などの大切な働きを持ち、皮膚の脂肪組織の大部分を占めます。しかし、皮下脂肪の増加や代謝機能の低下が原因で、たるみを起こしやすくなるということも認められています。重力の影響で皮膚が脂肪を支えきれなくなるためお肌が下がってたるんでしまうのです。

筋肉の衰えによるたるみ

神経の刺激から曲げ伸ばしを行う表情筋と、接合している表皮が同時に動くことによってさまざまな表情が生まれます。加齢にともない腕や脚の筋肉が衰えるように、顔の筋肉も衰えていき、その上に位置する皮膚や皮下脂肪を支えきれなくなりたるみが生じます。

たるみの主な治療法

サーマクール

中程度のたるみ治療に・・・

サーマクールは高周波の熱により、真皮層に刺激を与えてコラーゲンを収縮させます。熱変性したコラーゲンを修復するため、大量のコラーゲンが生まれ内側からハリを作りリフトアップする施術です。生成されたコラーゲンが、たるんだ真皮層を内側からぐっと持ち上げます。

▶ サーマクールについて詳しくはこちら

リードファインリフト

中程度のたるみ治療に・・・

リードファインリフトは美容大国韓国で認可され、大人気の最新のたるみ治療です。皮下 に極細糸を挿入し、お顔の皮膚や筋肉を引き上げた状態で固定します。使用する極細糸は 徐々に人体に吸収されるため安全です。 挿入された糸が真皮層を刺激するので、コラーゲンの生成が活発になります。

▶ リードファインリフトについて詳しくはこちら

ボトックスの注入

中〜軽度のたるみ治療に・・・

「注入するだけ」で気になるたるみを瞬時に引き上げ、お顔を若返らせる新しいリフトアップ術です。ボトックスリフトは、部位によって皮膚の浅い層から深い層に注入し、お顔をリフトアップさせる若返り術です。効果は、施術直後から現れ、1〜2週間ほどでリフト効果が発現します。

▶ ボトックスの注入について詳しくはこちら

イデバエ注射

軽度のたるみ治療に・・・

イデバエ注入は、注射でお肌の中に直接有効成分を注入することで肌を改善させることができる注射式治療法です。イデベノンというCoQ10と、DMAEという成分で、顔の表情筋を長期間にわたり引き締め、シワやたるみを改善し、小顔や美肌に効果を発揮します。

▶ イデバエ注射について詳しくはこちら

レーザーフェイシャル

軽度のたるみ治療に・・・

アレキサンドライトレーザー照射による皮膚の引き締め施術です。比較的軽度のたるみに非常に効果的です。今までのレーザーと違い、痛みは無く、お肌にシャワーを当てる感覚で、皮膚の内部に少しずつ確実に熱を与えていくことで深部のコラーゲンに働きかけます。

▶ レーザーフェイシャルについて詳しくはこちら

ヒアルロン酸注入

ピンポイントのたるみ治療に・・・

手軽で安全な治療の代名詞です。ヒアルロン酸とは、内部に水分を豊富に含むジェル状の薬剤です。もともと皮膚内部に存 在する成分ですので、人体に悪い影響はありません。ハリをなくし、たるんでしまった部分にヒアルロン酸を注入することで、皮膚を内側からふっくらさせ、凸凹をなくします。

▶ ヒアルロン酸注入について詳しくはこちら